チェンジ時の電話

デリヘルの女の子を呼んだら伝えたタイプと違う女の子が来たりします。
大方、初めて利用するお店や、フリーで呼んだ時ですね。
”まあいいか”と妥協してそのままプレイはしてはいけません。
思い切ってチェンジをしましょう。
次に来た女の子が少しでもタイプであれば、
プレイの満足感が断然違います。
せっかくお金を払っているのだから、
チェンジが可能なお店には当然の要求です。
もしもチェンジがないお店であっても、
“伝えた特徴とあまりにも違いすぎる!”という場合は、
チェンジを申し出てみてもいいと思います。
その時の対応次第で良いお店かどうか判断することもできます。
チェンジには別料金が加算されてしまうデリヘル店もあります。
有料でチェンジをするお店は、
お客さんがチェンジするよう、わざと伝えたタイプと違う女の子を行かせることも。
2回まで無料など制限付きでも、無料でチェンジが出来るお店を選ぶのがお勧めです。
デリヘルでは女の子が来た時にチェンジをします。
プレイを始めてからはチェンジできないので注意。
そのチェンジの仕方は女の子に直接言うかお店に電話です。
女の子に直接言うのは気まずいと思うかもしれませんが、
相手も商売で来ているので、あまり気にしてはいません。
チェンジがあるお店ならば、どの女の子もチェンジを経験しています。
チェンジを申し込むと女の子は帰り、次の女の子が来るまで待つことになります。
待ち時間は移動時間であることがほとんどですが、
お店に女の子がいなかったりすると数時間単位で待つ可能性もあります。
一般的にチェンジは回数が決められています。
中には悪質な利用者もいますし、女の子の移動時間もタダではありません。
チェンジする際の電話で、抽象的な言葉は使ってはいけません。
可愛いや美人、ぽっちゃり、小柄など、
見る人により違ってしまうようなことを言ってしまうと、
タイプの女の子とは全く違う子が来ることになります。
せっかくの無料チェンジを棒に振りたくなければ、
『△△に似ている』『ウェストは○○以下』など、
具体的な人物の特徴や数字を出しましょう。
しかし、高知の人気店高知 デリヘルヘブンズブレスでは、可愛い子が揃っているので、
チェンジする必要がないです。
このようなお店では、フリーで頼んだ方が色んな女の子と楽しめます。
お店によって攻め方を変えるのも、
デリヘルの楽しみ方と言えると思います(笑)

Comments are closed.